Zoomでバーチャルアバター【Facerig用モデル】を使って、オンライン会議に参加するのは超簡単だった!

コロナの影響でZoomが大活躍ですね。

せっかくなので、作成した2DモデルをZoomで使ってみることにしました。

ツッピー
今回はPCからです

今回はFacerigを使って、アバターでZoom会議に参加する方法がわかります。

必要なものは、【Facerig】と【なりたい姿のバーチャルキャラクターモデル】だけ

必要なもの

・Facerig

・なりたい姿のバーチャルアバター

なりたい姿が特に決まっていない場合は、公式モデルが使えます。

Facerigのインストール(Steamで購入)

①Steamのインストール→このサイトで詳しく書いています。

ミライヨッチ

前回の記事で、Steamの簡単な紹介と、PCゲームの特徴について説明しました。 この記事では、より詳しいSteamの登録…

②Facerigのインストール→このサイトに詳しく書いています。

デジフィール

PCで2Dや3Dアバターを動かせるソフトFaceRig。 webカメラを使って様々なキャラクターを動かすことができ、動…

Facerig上の設定

まずはFacerigを立ち上げる。

「アドバンスUIに変更」→「ブロードキャストに切り替え

これでFacerig上の動画が、Zoomへ流れるようになります。

背景のおすすめは背景グリーンスクリーンです。

 

Zoomのほうで好きな背景が選択可能です。

Zoom上の設定

①カメラを選ぶ「FaceRig Virtual Camera」

②カメラをオン

③背景を仮想背景に設定→好きな背景を選択→「グリーンスクリーンがあります」をクリック

これだけで簡単にアバターでオンライン会議に参加することができます。

先にFacerigから立ち上げ、カメラを設定しておくことがポイントです。

このとき、Zoom画面は左右対称になりますが、相手にはただしく映っているので大丈夫です。

注意点

zoom会議中にバーチャルアバターに変身する際は、いったんカメラをオフにしてから

Facerigを立ち上げる必要があります。

アバターでオンライン会議に参加するメリット

アバターを利用するメリットは、2点

・好きなアバターになれるので、遊び心や個性を表現しやすい。

・メイクやヘアセットせずに、人と話ができる。

「Live2D Module」購入で2Dアバターも使える 好きなアバターになれるので、個性を表現しやすい!

Facerigをインストールすると、いろいろな3Dアバターが用意されております。

また2Dアバターで参加したい人は、「Facerig Live2D Module」をSteamで追加で購入してください。

Live2D公式モデルが使用可能になります。

 

さらにオリジナルのアバターになりたい場合は、イラストレーターさんとLive2Dモデリングの依頼をして

オリジナルアバターを作るのもいいですね。

ツッピー
ココナラやニジマで依頼できますよ

メイクやヘアセットせずに、人と話ができる

メイクしたくないときやパジャマ姿のときなどには、アバターは大活躍します。

素の自分をさらけ出せない日だってありますよね。

そんなときこそ、バーチャルアバターの出番です。

わたしにとってアバターはATフィールドの代わりになってますwww

ぜひぜひアバターでZoom会議に参加してみてくださいね。